\ランチ&おやつ付き!/

毎週日曜は子ども食堂♪
さらに、冬休みは毎日オープン!

年末年始も毎日、やってるよ(^^)/

Open:11時~小学生帰宅時刻まで

料金:小学生&中学生無料

ランチバイキング:11時~13:30まで

おやつ提供:14時30分~15時まで

※好きな時間に来て、好きな時間に外出できます。出入り自由です

※高校生以上は募金箱にご寄付をお願いします

※5歳以下のお子様には保護者の方の同伴をお願いします

※小学生帰宅時刻…1月 午後4時まで、2月 午後4時30分まで、3月 午後5時まで、4月 午後5時30分まで

5月~8月 午後6時まで、9月 午後5時30分まで、10月 午後4時30分まで、11月 午後4時まで

〒053-0045北海道苫小牧市双葉町2-14-7
お問合せ:NPO法人木と風の香り ℡050-8883-0380

ボランティア募集中!

冬休み毎日子ども食堂に向けて、スタッフ募集を再開します(^^)/

~子ども食堂スタッフ募集~

人数:若干名

条件:「あなたにホッとできる居場所を。わはは!と笑える空間を。」をという思いに基づき、子どもたちや保護者との間に上下関係をつくらず、対等に、仲間として活動することを理解し、共感できる方 ※年齢制限なし

行程:事前説明後、スタッフとして参加

日程:自由選択、全4回とし、あらかじめスケジュール提出できる方

ボランティアなのに、あらかじめスケジュールを提出したり、説明会を開いたり、たった4回だけだなんて…なんだか制限が多いと感じますが、これには理由があります。

【全4回、要スケジュール提出としたワケ】

子どもたちは、一度でも遊んでくれた大人のことは鮮明に覚えていて、いつ来るかな?また会えるかな?と期待しているからです。これまで、会いたい人になかなか会えず、寂しい思いをしている子どもたちの姿を何度も目にしました。これではいけないと思っています。「また来るね」と言っておきながら、半年以上来ない等、守れない約束はしてほしくありません。

【ボランティア活動は気軽なもの?】

一方で、ボランティアなのだから気軽に参加、気軽に辞めたい、そう考えるのもアリでしょう。しかし、ここで問題なのは子どもたちの理想のスタッフ像が「ずっと一緒に居られて、ずーっと遊んでくれる人」かもしれないということ。そのズレを埋めるためには、スタッフが参加日を明確にすること、期間を決めることが不可欠で、始まりと終わりがわかっていれば、応えきれない期待をさせることも減るだろうと考え、この条件としました。


\一緒に活動しましょう!/

ボランティア応募フォームはコチラ

↓↓↓ NPO法人木と風の香り公式LINE、できました♪ お友達登録、よろしくお願いいたします(*^_^*)

活動の目的はなに??

~子どもを巻き込んだ課題をなんとかしたい!そのためには~

様々な生活苦から発生する児童虐待やヤングケアラーなどの課題を少しでも回避するためには、子育てを保護者や行政まかせにするのではなく、地域で分担することが重要ではないか…それを実現するためには、子どもだけに目を向けるのでなく、周囲の大人も含めて誰もがリラックスしたり、息抜きできる時間や人間関係が必要だと考えました。そこで…

\こんなことしてるよ~/

しつけや教育を目的としない子ども食堂「木と花の大ぼうけん」

大人のゆるい遊び「木と花のカフェ」

子ども用品だけの無料フリーマーケット「ふりま日和」

宿根草&めずらしい野菜&ハーブ専門「チャリティ園芸店ぴとぴと。」

あなたにホッとできる居場所を、ワハハ!と笑える空間を。という指針を掲げ、これらの活動を継続拡大していきます♪

なぜコロナ禍でも活動を続けるの?

コロナ禍の自粛により社会全体のストレス指数が上がると、子どもたちや社会的に力の弱い人たちがストレスのはけ口にされやすく、いじめ・虐待・体罰・誘拐・痴漢・性暴力などの標的になりやすい状況です。また忍耐強い人や遠慮がちな人ほどストレスをどんどんため込んでしまうのではないでしょうか。

私たちはそれらの社会課題の解消を目的に、しっかり感染症対策を講じ、活動を継続し、拡大することを目指します。

苫小牧市全域、ご自宅までデリバリー

「コロナウイルスに感染し、外出出来ない上、食べ物がない…」

そんな時はぜひご相談ください!

コロナウイルスに感染しても、保健所に希望すれば数日で食品が届くので安心してくださいね。食品が届くまでの間、食べ物に困ったときはぜひご連絡を。苫小牧市社会福祉協議会地域福祉課の皆さん、フードバンクとまこまいの皆さんにご協力いただき、その日中に食品をご自宅までお届けにあがります。

※数に限りがございますので、お早めにお願いします。

※食品のデリバリーは、ご自身のコロナ感染、もしくはご家族の感染で外出出来ない方のみ。食品は段ボールやビニール袋に入れ、ご自宅玄関前に置き配します。

〒053-0045

北海道苫小牧市双葉町2-14-7

℡050-8883-0380

受付時間10:00~14:00まで

NPO法人木と風の香り

もし休校になったら…

当団体の利用者で一番多いのが緑小学校に通う子どもたちです。今後、緑小学校が新型コロナウイルスの影響で休校もしくは学年閉鎖になった場合、学校再開までの間【テイクアウトでの昼食配布】を行います。

※休校および学年閉鎖期間中は弁当配布のみ、施設内での飲食はできません。

※緑小の休校・学年閉鎖がない場合、通常通り毎週日曜日に一堂に会する形で子ども食堂を行います。

【お弁当配布場所】

〒053-0045北海道苫小牧市双葉町2-14-7「木と花の大ぼうけん」

【配布時間】12時から14時まで

※利用人数が一定数を超えた場合、過密状態を避けるため入場をお断りする可能性があります事をご了承ください。

実施者募集!運営体験♪1DAY子ども食堂!

 子ども食堂をやってみたい!でも、子どもたちが集まるか、お金のこと、場所のこと…不安がいっぱい。

そんな方にぴったり♪1日限りの子ども食堂体験プランはいかがでしょうか!

【詳細】

・3名以上のグループ対象

・施設まるごと自由に使える

・食材の持ち込みOK

・施設内の食材や物品も使用可能

・お好きな子ども食堂名が付けられる

・実施は土曜日もしくは祝日


【説明会&打ち合わせ】

事前に1日設ける(1時間程度)

※この取り組みは、子ども食堂や子どもの居場所事業に新たに取り組もうとしている方を応援するためのプランです。より多くの方に携わっていただくために、すでに子ども食堂やそれに準ずる取り組みをされている個人または団体のご利用はご遠慮願います。また、当施設での長期間および定期的な間借りは受け付けておりません。


【料金】無料(無料じゃ気がひける方は子ども食堂の募金箱をご利用下さい)

【お問合せ】NPO法人木と風の香り ℡-050-8883-0380


新たな子どもの居場所が誕生するきっかけになりますように^_^!

\地域の方に施設開放♪/

【木と花のカフェ】

日時: 毎週水曜日 10:00~14:00

※冬休み期間中(12/24~1/16)は毎日子ども食堂を実施するため、お休みします 

場所: 苫小牧市双葉町2-14-7

電話: 050-8883-0380
内容: 紅茶&コーヒーのセルフカフェ・フリースペース&キッズスペース出入り自由・クラフトや癒しなどの体験レク


「ひとりでゆっくり」

「ちいさな子どもとホッと一息」

「仲間と一緒に」

「ここではじめて出会ったメンバーと」

どうぞご活用ください。


\企画、募集中♪/
大人のゆるい遊び「まる日和」

読書、ハンドメイド、ハーブ、雑談、ゲーム、哲学、料理etc

・毎週水曜日、事前予約制

・場所代無料(気が引けちゃう方は子ども食堂の募金箱をご利用ください)

・紅茶&コーヒー、セルフカフェ付き

・営利目的不可

お問合せ:NPO法人木と風の香り 

℡050-8883-0380


チャリティ園芸店ぴとぴと。今季終了

売り上げをNPO法人木と風の香りが運営する子ども食堂に寄付するためのチャリティー園芸店。北海道でも冬を越す宿根草や大型店にはない珍しい野菜苗を主に取り扱っています。

※今季2022年実店舗での販売は終了いたしました。多くの方々にご利用いただき、心から感謝いたします。再オープンは来年2023年6月予定です。

場所:〒053-0044北海道苫小牧市音羽町1-5-15NPO法人木と風の香り裏庭 ℡050-8883-0380

ご寄付について

活動継続のため月300円からのマンスリーサポーターを募集中!ぜひ皆様のご協力をよろしくお願いします。

【なぜ私たちがこの課題に取り組むか。月300円からのンスリーサポーター】

いただいたご寄付は、活動拠点の家賃・光熱費・通信費・食品や物品購入に使用いたします。

例)毎月の家賃(5万円)の支払い、灯油購入、電気ガス水道費用、お肉・乳製品・お菓子などの購入、季節のイベントグッズ購入、食品パック・ラップ・ビニール袋・ティッシュペーパー等消耗品購入、等。

物品を直接ご購入いただける方へ。私たちが欲しいものはこちら↓

Amazon欲しいものリスト